ハワイでのヴェポライザー販売及びレンタル


マリファナ(大麻)の合法化に向けて2016年の米大統領選挙は重大な年になる!!

マリファナ(大麻)の合法化に向けて2016年の米大統領選挙は重大な年になる!!

アメリカでマリファナ合法化の活動家が州民発案を決める州民投票について、大統領選挙と同じ年にあると成功すると考えている人が多い。2016年が米国大統領選挙もあって州民投票でマリファナ合法化を決める州は今現在以下のとおり:

  • アリゾナ州
  • カリフォニア州
  • メイン州
  • マサチューセッツ州
  • ミシガン州
  • ネバダ州

又次の4つの州は既に合法マリファナが認められている:オレゴン州・ワシントン州・コロラド州とアラスカ州。

ますます合法化州が増えるアメリカに今後も注目して行きたい。

英語の記載ではありますが、詳しい情報はこちらです

日本語マリファナツアーは合法州(ワシントン・オレゴン)で行っています。詳しくはこちらです。

関連トピックス

マリファナ(大麻)合法州米国オレゴン州ではマリファナ販売店が280店舗予想されている。

ワシントン州では少なくとも合法マリファナ店舗が400軒以上に。

ニューヨークでの初医療大麻ディスペンサリー(店、処方)が1月から開業

マリファナ合法州では闇「非合法」市場で売買している人ずが激減中

ワシントン州 シアトル の レストラン:The Pink Door

ワシントン州 シアトル の レストラン:The Pink Door

シアトルの食べ歩き: 8oz Burger (キャピトルヒル店)

シアトルの食べ歩き: 8oz Burger (キャピトルヒル店)

0