ハワイでのヴェポライザー販売及びレンタル


マリファナ合法州では闇[非合法]市場で売買している人数が激減中

マリファナ合法州では闇[非合法]市場で売買している人数が激減中

ある調査によるとマリファナ(大麻)を合法州としている州では闇[非合法]市場でマリファナを購入する人が急速に減っています。合法州では70%以上の人が州公認の店から買うようになっています。闇市場から購入している人は17%に激減しています。

アメリカでマリファナの合法化が進んでいる主な理由は:

1.  闇[非合法]市場をなくす為。また販売組織に資金が流れることを防ぎ、政府公認のマリファナ店で購入することできちんと政府に税金が入るようにすること。

2. マリファナは78年間違法の物として扱われているが、実際に使用している人が多く(去年アメリカの人口の10%が大麻を使用している)、違法であることへの不満が高まっている。そして大麻所持・使用は刑務所に入れるほどのことではないという認識も高まっている。また酒やタバコと同じ嗜好品であり、むしろそれらより害がないだけでなく体に良いと思われている。

英語になっていますが詳しくはこちらです。

ニューヨークで初の医療大麻のディスペンサリー(店、処方)が一月から開業

ニューヨークで初の医療大麻のディスペンサリー(店、処方)が一月から開業

バーモント州はアメリカ初州議会経由でマリファナ合法にすると期待されている。

バーモント州はアメリカ初州議会経由でマリファナ合法にすると期待されている。

0