Contact Us

 

800 Seneca Street
Seattle, WA
USA

206-566-8597

アメリカ初! 日本語での 合法 マリファナ (大麻、カンナビス) ツアーは シアトル、ポートランド で行います。

Legal Marijuana tours in the US (Seattle, Portland)

Pike_Place_Market_Clock.jpg

Blog

マリファナ(大麻)合法州のオレゴン州とワシントン州のマリファナニュースやシアトルとポートランドの観光情報。

 

医療大麻の許可書を取る方法

Mike Stensrud

医療大麻が効く病気があります。アメリカでは医療大麻が認められている州は現在23州です。その州の中で医療大麻を使用してもいい許可を持っている人々がいます。州によっては使用しても良い病気があります。HIV/AIDS, 癌、緑内障、PTSD, 不眠症、鬱病等です。カリフォルニア州では医療大麻は医者等健康管理者によって許可書を発行してもらえる。

医療大麻が認められている州のほとんどがその州に住んでいないと許可書が取れないことが多いが特にカリフォルニア州は住んでいなくても取りやすく日本人観光客でも取れる州である。

ではどのように取れるのか説明しよう。

カリフォルニアでは自分がどんな病気を持っているかを見せる必要があります。例えば自分の医者からもらった推薦状などが必要ですが、もしない場合は以下の物が必要になります。

  • カリフォルニアの住所(私がカリフォルニア住民ではないがロスにいったときに医療大麻の許可書を申請する際泊まっていたホテルの住所を書きました。)
  • 身分証明書 (カリフォルニア発行身分証明書が無い場合はパスポートを提出して下さい。)
  • 診察料(クリニックによって違いますが大体$50位かかります。)
  • 申請書(その診察を受ける際配られる物)

申請書に書く内容の中でなぜ医療大麻を求めているかを書かないといけない。 例として私の場合はうつ病の為に必要と書きました (英語でいうとTo treat my depressionと書きました)。

私の場合は記入後に医者がいる部屋に入り、先生と面会し簡単なチェックを受けて簡単な質問に答えて医療大麻が私のうつ病に効くことを先生が診断した。その後すぐ許可書が発行された。許可書を取得した場所で聞くと購入できる店を紹介してくれる可能性が高い。

この許可書と身分証明書を持って行くとカリフォルニアにある医療大麻の店(ディスペンサリーと呼ばれている)に行って医療大麻の商品を買うことが出来る。カリフォルニアの医療大麻の許可書をもっていてもカリフォルニアの身分証明書がないと医療大麻の店に入れないところも多いので行く前にカリフォルニア発行身分証明書の代わりにパスポートでいいかどうかを確認したほうがいい。ただしカリフォルニアの身分証明書をもっている人はどこの店も入る事ができる。

近いうちに追加情報を載せる予定です。

*注意点

  • 医療大麻使用後は運転しないで下さい。これはどこの州でもです。
  • 外では商品が見えないようにする必要があります。むやみに袋から出さないこと。
  • 公共の場所では使用しないで下さい。
  • 子供の前では絶対に使用しないこと。
  • 別料金で医療大麻カードを購入できるが、許可書だけで十分である。
  • 許可書の有効期間は1年である。
  • カリフォルニアの医療大麻と医療大麻許可書はカリフォルニアでのみ使用出来る。しかしネバダ州は他の州の医療大麻許可書を認めている為、他の州の許可書と身分証明書で医療大麻を購入することが出来る店がある。
  • 上記は私の体験談と見解であり全ての人が当てはまるとは限りませんのでご了承下さい。

関連トピックス

米国大麻合法化の世論調査について

ワシントン州だは少なくもマリファナ店舗400軒以上に

オレゴン州ではマリファナ(大麻)犯罪歴が消える

Mike Stensrud

マリファナ(大麻)合法化が進んでいる中で、米国オレゴン州では合法になる前に大麻所持や売買等マリファナ関係で逮捕された人達の犯罪歴が取り消しになることが決まった。取り消しなると就職や契約ごとに支障をきたさなくなる。

Read More

嗜好用マリフアナ販売開始、6日間で13億円 米オレゴン州

Mike Stensrud

ニューヨーク(CNNMoney) 嗜好(しこう)用マリフアナの販売が合法化された米国のオレゴン州で、販売開始から6日間の薬局での売り上げが1080万ドル(約13億円)に上ったことが11日までに分かった。オレゴン大麻小売業協会の調べで明らかになった。

オレゴン州では今月1日、嗜好用マリフアナの販売が合法化された。同協会による売り上げの計算は6日までを算入。

同協会の広報担当者は、販売第1週の売り上げに基づけば、実際の売り上げは州の想定を「はるかに上回って」いくだろうと予想している。

詳しくはこちら

 

大麻で囚人となっていた22人をオバマ大統領が恩赦により開放

Mike Stensrud

アメリカのオバマ大統領がこの度、麻薬関係で捕まったアメリカの囚人22人を刑務所から出す判断を下した。22人全員が麻薬[薬物]犯罪で懲役となり、大麻の犯罪で無期懲役となっていた人もいました。マリファナが合法化されている州が増えてきている中で、世界で最も囚人ガ多いアメリカで麻薬で捕まっている人の数が多いことが疑問視され、これが犯罪に値するかどうかが議論され始めている。

英語の記載ではありますが、詳しい情報はこちらです

日本語マリファナツアーは合法州(ワシントン・オレゴン)で行っています。詳しくはこちらです。

関連トピックス

マリファナ(大麻)合法化に向けて2016年の米大統領選挙は重大な年になる。 

ワシントン州では少なくとも合法マリファナ店舗が400軒以上に。

ニューヨークでの初医療大麻ディスペンサリー(店、処方)が1月から開業

マリファナ合法州では闇「非合法」市場で売買している人ずが激減中

 

シアトルレストラン:ディックス・ドライブ・イン

Mike Stensrud

シアトルのハンバーガーと言えばDicks Drive-Insという地元の人々に愛されているローカルなファストフードチェーン店があります。メニューがシンプルでコストがビックリする程安い。大体どのDicksに行っても行列が出来ている位人気です。50年代から営業していて昔のアメリカを思い出す。

デラックスバーガーがおすすめです。

ダウンタウンからならキャピトルヒルのブロードウェイ通りのDicksが一番近い

是非シアトルにいる間に一度行ってみて下さい。

関連トピックス

シアトルレストラン:8oz Burger

シアトルレストラン:The Pink Door